校長日誌

10月28日(水)の給食

 本日の給食は、武州和牛のサイコロステーキでした。

 4月21日に埼玉県教育委員会から来た通知に遡ります。その内容は、農林水産省が新型コロナウイルスの影響で消費が落ち込んでいる国産和牛肉を給食を実施している学校に食育教材と共に提供します、というものでした。条件は、児童生徒1回あたり100g以内、年に3回まで、100gで1000円以内です。この通知を見た校長は大喜び。栄養士の柿沼さんに「すぐに申し込んで!」。その後の面倒な手続きは、すべて柿沼栄養士がやってくれて、本日の和牛のサイコロステーキを実現してくれました。感謝、感謝です。さらに、11月、12月と、あと2回あります。楽しみです。子どもたちも楽しみにしてくれていると良いのですが。ただ、給食なので、「しっかりと火を入れなければならない!」これが今日ほど残念に思ったことはありません。とても美味しかったです。でも、焼き時間が半分だったら、もっと美味しかったのに・・・・。(仕方ない!)

 新型コロナウイルス感染症は、経済に大きな影を落としています。今回の和牛は農林水産省の支援策でしたが、私たちも、できる範囲で何らかの支援をしていけたらと思います。そして、子どもたちも困ったいる人がいたら、小さなことでも「助けたい」と思える心を育んでいけたらと、校長として考えます。ご家庭でも、そのような機会があれば、ぜひ積極的に活用してください。今回の和牛、「美味しかった」だけでなく、「支援」についても、どこかで伝えたいと思います。